自覚症状がない性病

自覚症状がない淋病やクラミジア

性病の代表格であるクラミジアや淋病。
実はこれらの性病を罹患しても自覚症状がないということも多くあります。

 

女性は膣内にクラミジアが感染しても症状が表れることが少なく、クラミジアの原因菌が他の部位に触れることでようやく気付くということもあるのです。

 

女性側の自覚症状はありませんが、男性にクラミジアが感染すると尿道炎や分泌物が出てしまったりとはっきりとした症状が表れます。
それだけに性病の感染経路を誤解して信頼関係にひびが入ることもあるのです。

 

また、このクラミジアは女性側に自覚症状が少ないと言っても長年放置していると子宮頚部の炎症の原因となるので定期的な診断が必要とされています。

 

というのも、クラミジアだけでなく性病は性交渉だけでなく、タオルが共用などの直接接触がある場合には感染する可能性があるからです。

 

自覚症状のない女性がほとんどですので、知らないうちに感染し他の人に移してしまうということもあるのです。
クラミジアの感染に気が付くのは、膣以外の粘膜に原因菌が入り炎症を起こし通院したときに発覚することがほとんどです。

 

いつ感染したかを特定することも難しいので、とにかく治癒するまでは性交渉や共用するタオルの使用に気を付けておく必要があります。

 

クラミジアは一度感染したからといって、もう感染しないという病気ではありません。
何度でも感染するので、周囲にクラミジアを移さないという配慮は自分自身の防護にもなるのです。

 

クラミジアの治療法

 

気になる治療法ですが、現在は投薬治療が中心で抗生物質を2週間ほど続けると治癒するとされています。
症状や性器以外に感染していた場合には、注射による投薬法で処置することもあります。

 

注意点は、症状が治まったとしても原因菌は体内に残っていることが多く医師の処方した薬を使い切るまで服用しましょう。
性病は見える病気でもなく、自衛だけでなく他人に移さないという配慮もマナーとして必要とされています。

 

パートナーの信頼のためにも、早目に病院へ行き決められた治療法を守って性病を克服しましょう。