子宮頸がん 原因 検査

女性にとって恐ろしい子宮頸がんは予防できる

日本で年間15000人が発症しているとされる子宮頸がん。
特に20代から30代にかけて子宮頸がんの発症率が上がっていて、いま深刻な問題となっています。

 

よくCMなどでも注意されているように子宮頸がんは、性行為の経験がある女性ならば誰もが感染する病気です。
癌と聞くと非常に恐ろしい印象がありますが、子宮頸がんは、ガンになる前に発見できる予防できる癌なのです。

 

ご自身の体の為に、一度でも性行為があったならば検査を受けておくことをオススメします。

 

子宮頸がんの原因と症状

 

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスというウイルス感染によってひきおこします。
子宮頸がんの原因は、性行為によって感染し、皮膚や粘膜が相手と接触することでウイルス感染します。

 

子宮頸がんの症状は、初期症状が全くないことが挙げられます。
痛みやオリモノの変化がないので、知らないうちに病状が悪化してくことが考えられます。

 

そして症状が現れだした時は、オリモノの増加や、不正出血などの症状が発生します。
しかし、症状が現れた時にはガンが進行している可能性がありますので、必ず定期的に検査を受けましょう

 

 

子宮頸がんは、性行為があるすべての女性がなる可能性があります。
子宮頸がんを予防するには、ガンが進行する前に、早期検査、早期発見することが何より大切。

 

放置しておくとガンが進行して手遅れになることもあるので、必ず定期的に検査を受けて下さい。検査は、産婦人科やレディースクリニック等で受けることができます。
検査費用も無料の医療施設が増えていますので、一度お近くの医療施設に問い合わせて下さい。