子宮 淋病

淋病に感染すると不妊や子宮外妊娠などの恐れも

女性が健全な妊娠を切実に望む場合は、将来の子供にも影響を与えかねない淋病は未然に防ぎたい性病の1つです。

 

淋病は放置していると、不妊体質の確率が上がるだけでなく、子宮外妊娠切迫早産などの悪い要因も誘発します。

 

また淋病の菌は体内の広範囲まで拡散する感染力を持っているので、男性の場合は精巣機能の病気、女性は酷い場合だと腹膜炎も呼び起こすので、くれぐれも細心の注意を払いたいです。

 

実は淋病の病原菌は、空気に触れるとすぐ弱体化する性質なのですが、性行為した時に罹る割合は約30%にも上るデータが日本でも出ており、誰でも発症する可能性は十分ある性病です。

 

また男女両方とも、性器に留まらず喉にも繁殖する力を持つので、オーラルセックスやディープキスでの感染率の高さはクラミジアと全く同じです。

 

そして淋病は、稀に恋人以外の家族に菌が感染したというケースの報告もあるので、同居している家族が複数いる時は、毎日入浴で身体を清潔にするなど最低限のマナーは守って下さい。

 

ちなみに淋病の主な自覚症状は、女性の性器である子宮や膣周辺の激しい痒みと尋常な量ではない黄緑色のおりものです。

 

もし淋菌に罹ったまま適切な治療をしないで子供を出産すると、母子での感染の確率は非常に高く、生後間もない胎児が結膜炎や角膜の疾患になる事もあるのでブライダルチェックでの予防は大切です。

 

そして淋菌に感染した人の約80%は自覚症状がないまま、たまたま受けた婦人科検査で初めて病状が発覚するケースが多いのも特徴です。

 

淋菌の対処法は、昔からペニシリンが一番有効な薬剤で、今回罹患が初めての人なら薬剤の耐性が殆どないので短期間での治癒も可能です。

 

ただ複数回罹った事のある人の場合は、薬剤の耐性がある程度付いている事も考えられるので、治療は長期戦という事も有り得ます。

 

このような事態を避ける為にも、妊娠を考えている女性は基本の婦人科検診と合わせて、性病検査も定期的に行っておくと安心です。

 

特に最近おりものから強烈な臭いを感じるなと思う時は、直ぐに淋病のサインと思って、早く医療機関を受診して医師の指導を仰ぐようにしましょう。