妊娠 影響 クラミジア

女性の妊娠にも影響を及ぼすクラミジア。検査や治療は?

女性が妊娠する前に特に注意を払いたい性病の1つにクラミジアがあります。

 

クラミジアは自覚症状が分かり辛いのが特徴ですが、特に女性の場合はおりものの量が急激に増えたり、おりものの色が黄色や白などではなく、緑がかった色になると感染の可能性は高いです。

 

クラミジア菌はそこまで強い繁殖力を保有する菌ではないので、日常で利用するお風呂場やトイレなどで人から移るというケースは非常に少ないです。

 

しかしクラミジア菌を持っている人とのキスや、コンドームなしの性行為などに及ぶと、粘膜と直接接触する形になるので、感染のリスクはグッと高まります。

 

特にディープキスやオーラルセックスは、喉にクラミジア菌を持ってしまう原因になり、目立った自覚症状としては喉の赤い腫れや激しい痛み、発熱などが挙げられます。

 

一方で、男性は下部の尿路で感染する割合が高く、排尿時の鋭い痛みや尿管からの膿の発生、精液に血液が混入する事もあります。

 

また女性の場合は、喉の不快感の他に下腹部痛性交時の痛みも症例に上がっているので、単なる生理痛と勘違いしないようにしましょう。

 

基本的にクラミジアの治療は女性なら婦人科、男性は泌尿器科が専門になります。
しかし女性に多い症例である喉にクラミジア菌が存在する時は、耳鼻喉頭科で速やかに検査を促されます。

 

ただクラミジアはインフルエンザのように一定期間の潜伏時間があるので、自覚した直後に検査を受けても、直ぐに正常な検査結果が出ない時もあるので、なるべくなら自覚症状を感じた日から7日程度空けての検査が理想的です。

 

そして主な検査項目は血液検査と培養検査になり、喉頭や尿器官、膣の粘膜から直接体液を採取して、クラミジア菌が正式に検出されるか調査する形になります。

 

クラミジアと認められた時は、大抵の人は抗生剤が1週間ほど処方されます。
このように治療法は意外に簡単と思いがちですが、抗生剤を指示通りに確実に飲み切る事が大変重要なのです。

 

綺麗に菌を除去し切れないでいると、残存したクラミジア菌で自ら性病再発を招いたり、パートナーにも迷惑を掛けてしまう事になります。

 

もし女性で将来妊娠を真剣に考えているなら、性病は不妊の種になり兼ねないので、是非一度ブライダルチェックなどを受けて感染予防に努めておきましょう。