クラミジアの知識

日本で一番感染者数が多い性病クラミジアとは

クラジミアによって引き起こされるのが性器クラジミア感染症。
男性器、女性器共に感染して症状が出ます。またオーラルセックスによって喉にも感染します。

 

日本では100万人以上の感染者がいて一番多い性病です。
若者の感染が特に多く、中でも女性は症状が出ない若しくは軽くて気付かないという理由で感染を広める原因にもなってます。

 

具体的な症状は男性の場合、尿道から膿がでる、尿道の痛み痒み等の不快感、残尿感等です。
これらの症状が出ない事もあるので放置されると、精巣や前立腺へと症状が進んで大変な事になる場合もあります。

 

症状が出たらすぐに泌尿器科にいって、検査をしてもらいましょう。
薬を貰って飲むだけですぐに症状は治まりますが、菌は死滅していないので決められ期間は服用し続けて下さい。

 

女性の場合はおりものの増加出血膣の痛み等がありますが、男性に比べると症状の出ない人が多くて気付かない人が殆どです。
男性の場合と同じで放っておくとさらなる大変な病気の引き金になってきます。

 

男女共の症状として喉への感染による喉の腫れ痛みです。しかし、この症状は男女共に症状が出ない人が多いです。

 

クラジミアの感染を予防するには、コンドームを装着しての性交が一般的ですが、喉に感染している人がオーラルセックスをすると相手に感染させてしまいます。
なので他の性病でも同じですが、不特定多数の人と性交はしないという心掛けが必要です。

 

お互いのパートナーが感染していなければ、オーラルセックスをどれだけ楽しんでも問題無いわけです。

 

しかし、若い人達はやはり性交をする機会も多いでしょうから、少しでも不安に感じたらすぐに検査に行くようにして下さい。
恥ずかしいかもしれませんが自分や彼女のためにそうする事が大事です。

 

どうしても病院に行くのが嫌な人は、自宅で検査キットを使う手もあります。
検査キットを使って郵送するだけでよいので恥ずかしい思いはしなくて済みます。
詳しくはこちらの記事:性病クラミジアは不妊症の原因にもなります

 

しかし、もし感染していたら結局は病院には行かなければいけないので、それなら最初から病院に行った方が早いです。