女性 性病検査

性病クラミジアは不妊症の原因にもなります

性病の一つ「クラミジア」。名前だけはよく聞くかもしれません。
実際は、どういった病気なのかご説明します。

 

実は、クラミジアは日本では最も感染者が多い性病です。日本人のうちクラミジア感染者は100万人以上と見られています。

 

クラミジアの特徴は、感染しても自覚症状を感じないことが多いということです。ですから、自分でも気づかぬうちに相手にうつしてしまうことがあります。

 

クラミジアの感染は、性行為によって起こります。
クラミジアトラコマティスという細菌が、性交時に男性の尿道分泌物から女性の性器に感染します。また、オーラルセックスをした場合、喉にも感染します。

 

初めは尿道や子宮の入り口(子宮頸管)の細胞に感染して子宮頸管炎を起こし、その後骨盤内で様々な症状が出てくるようになります。

 

主な症状としては、おりものが増える性交時の軽い出血下腹部の痛みなどが挙げられます。

 

ただ、女性の半数以上に自覚症状が無い為、感染を放っておく形となり、卵管炎や子宮外妊娠、また不妊症の原因へと繋がっていってしまいます。

 

更に放っておくとお腹の上部にも感染が広がり、肝周囲炎を引き起こすこともあります。
また、クラミジア感染者はエイズウィルスへの感染が3〜5倍になります。

 

オーラスセックスに依る咽頭への感染では、喉の腫れ、痛み、発熱などの症状が出ます。
しかし、咽頭クラミジアも症状が出ない場合が多いので、放っておくと慢性扁桃腺炎になることがあります。

 

咽頭部への感染は、男性の性器から女性の咽頭に感染する場合と、女性の咽頭から男性の性器に感染する2つの可能性があります。

 

クラミジア検査を行うには

 

検査は病院で行う場合と、検査キットで自宅で行うものがあります。
病院は、婦人科か性病科を受診しますが、咽頭に感染している疑いがある場合は耳鼻咽喉科を受診します。

 

検査のタイミングは、性交があった日から2〜3日後です。
また、明らかに感染の疑いがあったり自覚症状がある場合は一刻も早く医療機関へ行きましょう。
治療は抗生剤を1週間程服用します。その後再検査を行い、クラミジアが陰性になっていることを必ず確認しましょう。

 

検査キットはクラミジアだけでなく、淋病、梅毒なども一緒に調べられるものがネット等で販売されています。
性交から2〜3日後に検査を行います。咽頭も一緒に検査出来ますので、是非両方検査することをお勧めします。
自分に合った検査キットを選ぶなら性病検査キット。

 

検査項目にもよりますが価格は8000〜10000円と少々高めです。自宅で空いた時間に検査出来る点が便利です。

 

検査キットで陽性反応が出たら、必ず医療機関を受診し、きちんと治すと共に、その後はコンドームを付ける等予防にも努めましょう。

 

女性の子宮を脅かす性病はクラミジアだけではありません。
淋病やコンジローマ、梅毒、毛ジラミと様々な性病が蔓延してます。
それらを予防してご自身の体を守るのは、自分自身しかいないことをよく意識しましょう。

 

将来のパートナーやお子さんの為、ご自身の体の為にも検査は必ず受けるようにして下さい。